おすすめの本の紹介です。

図面からその空間や建物のコンセプトを理解する練習ができます。

「図面でひもとく名建築」です。

なぜ図面をみるといいの?

建築を勉強するとき、ネットの画像検索で出てくるものは写真です。

写真は見る角度や画角など撮影者がその空間をどう見せたいかという主観が入ってきます。

そのため、建築学科では図面でその建築を見ろとよく言われます。

しかし、建築学科の学生と言えども私はまだ一年生。

平面図、断面図をみても全然その空間の想像ができない。

「これは困った」ということで、図面から空間を想像する練習ができる本はないものかと色々物色した結果、この本が読みやすいし名建築が名建築たる所以を図面から解説してくれます。

手元にあると便利な本の1つでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です