パッと手書きでイメージを伝えられる力も重要ですが、デッサンをする事で身につくことは、

見る力ではないかなと個人的には思っています。

その力が発揮されるのは、手書きだけではない!ということをPhotoshopの操作方を覚えながら感じています。

なぜデジタルの世界でデッサン力が必要に?

建築設計の課題では作品として

•図面

•模型

•プレゼンボード

の3種が主に提出を求められます。

プレゼンボードにはコンセプトやその形になった理由、完成予想図を載せます。

完成予想図を作る際に、

3Dモデル→Photoshopで合成(3Dモデルのパース画像+背景写真)

のように

作るんですが、ただ背景に建築物を置いただけでは不自然なので、影とかガラスへの写り込みとかをPhotoshopなどで作り馴染ませることが必要です。

これにはPhotoshopの操作方法だけでなく、陰影や写り込みなどデッサンで養われる見る力が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です